NEWS!
PICK UP!

【ダウ165ドル高】ECB当局者発言でもユーロは売り優勢!当面ユーロ弱く対ポンドでの反転が不可欠か?RBAキャッシュターゲットに注目!

20151103豪ドル米ドル週足チャート 20151103外為オンライン
◆2日のNYダウは165ドル高、17,828ドルへ上昇しています。米国株は8月チャイナショックを完全に脱し、12月利上げへ重要指標を確認するだけとなっています。ドルインデックスは97.0ポイントで高止まり。12月までドル高→来年ドル安と見ています。ユーロはECBドラギ総裁とノボトニーオーストリア中銀総裁が追加緩和に慎重な姿勢を見せたことで一時買われましたが、特に対ポンドで売りが優勢となっており下押しが終わっていません。ユーロはまだまだ下落しそうです。本日は東京市場が休場、12:30豪RBAキャッシュターゲットが発表されます。利下げの有無と声明文で利下げ示唆や、豪ドル安誘導があるかどうか注目しています。豪ドル関連では、明日4日も9:30豪9月貿易収支、豪9月小売売上高が発表されます。豪ドルの値動きに注目しておきます。米10月ISM製造業景況指数50.1(予想50.0)と予想と変わらない結果となっています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加