NEWS!
PICK UP!

【米第3四半期GDP速報値+1.5%】ユーロ戻り売りが強くユーロ円133円、ユーロドル1.11が壁。日銀会合、展望リポート、黒田総裁会見に大注目!

20151029ドル円日足チャート 20151030外為オンライン
◆29日のNYダウは23ドル安と小反落、17,755ドルでクローズしています。WTI原油は46.06ドルへ反発しています。注目された米第3四半期GDP速報値は+1.5%(予想+1.6%)と小幅に予想を下回っています。ドルインデックスも小反落、FOMCまででドルが上昇していたことや月末ということもあり調整が入っています。本日はいよいよ日銀金融政策決定会合→展望リポート→黒田総裁会見を迎えます。12月追加緩和表明のECB、12月利上げ示唆のFRBに続き行動を起こして来るか注目が集まっています。日銀は11月でも追加緩和の可能性は残ります。期待が高い分の失望売り(円高+株安)は相当に出て来るでしょうが、追加緩和期待が残れば底堅さも出るかもしれません。ユーロはいまだ戻り売りが強くユーロ円133円、ユーロドル1.11が壁になっています。まずは日銀イベントの結果と値動きを確認しましょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero