NEWS!
PICK UP!

【ECB追加緩和期待にユーロ安】不透明な主要3中銀の金融政策待ちか?金融市場は当面揉み合いが継続しそうだが、2007年にやはり似たところがある。

20151017ダウ先物週足チャート 20151018外為オンライン
◆16日はECB追加緩和期待にユーロ安となりました。22日に金融政策発表が迫るなか意識されやすくなっています。今後は22日に実際に追加緩和があるかどうかで決まってくるでしょう。翌週にはFOMC→日銀会合と続きます。不透明な主要3中銀の金融政策が定まってくるか注目しましょう。NYダウは利上げ観測の大幅後退によりチャイナショックからの戻りが継続しています。9月利上げが確定的となった8月に崩れ、9月見送り→10月不可能→12月も怪しいと後ずれが続き回復しています。米利上げ観測に対してダウが一番素直に反応した格好です。日米株式は次の高値更新後は欲張らずに利食いを考えて良いでしょう。円相場と日経平均は日銀が追加緩和に踏み切るかどうかで短期的には別世界になります。差益狙いの投資家にとっても日銀追加緩和は大きなチャンス、来年1月くらいには実施して欲しいところです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero