NEWS!
PICK UP!

【ダウ469ドル安、WTI原油も乱高下】早くも2番底探る動きか?中国8月製造業PMI49.7、米8月ISM製造業景況指数51.1ポイントにも失望!

20150902ダウ先物週足チャート 20150902外為オンライン
◆1日のNYダウは469ドル安、日経平均も724円安でした。WTI原油は連日の乱高下で45.41ドルでした。中国8月製造業PMI49.7(予想49.7)、米8月ISM製造業景況指数51.1(予想52.5)と久しぶりの低水準となったこともネガティブに捉えられています。8月は中国発で金融市場が混乱しましたが、日米当局が市場の混乱とは裏腹にやたら強気であり、米国は9月利上げを排除せず、日銀も追加緩和の姿勢を見せないことも投資家心理を冷やしたと言えるでしょう。ドル円は119円台前半まで円高が加速しましたが、18,000円を割り込んだ日経平均とともに東京時間に入ると官製の買いが強まるという流れ。2週連続の週足下髭もあり得ると見ておくべきでしょう。今晩は米8月ADP全国雇用者数、夜中に米地区連銀経済報告と発表されます。値動きが荒いですから日々チャート重視でトレードすべきでしょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加