NEWS!
PICK UP!

【米6月雇用統計結果と値動き】平均時給と労働参加率が非常に悪い結果。9月利上げ観測後退→米長期金利低下、ドル売りで反応!

20150703Tドル円日足チャート 20150703外為オンライン
◆2日21:30に発表された米6月雇用統計は、非農業部門雇用者数22.3万人増(予想23.3万人増)、失業率5.3%(予想5.4%)となりました。中身を見ると平均時給は横ばい、労働参加率62.6%と非常に悪い結果となっています。平均時給は予想+0.2%が伸び率は0%、前月の+0.3%からも大幅鈍化。労働参加率は1977年以来の低水準に下落しました。9月FOMCまであと2回の雇用統計がありますが、今回同様に悪ければ利上げは難しくなりそうです。やはり賃金が上昇しないと原油下落の影響剥落だけで利上げを進めていくのは厳しいでしょう。世界的に景況感はあまり良くないという事かもしれません。週末はギリシャ国民投票結果に注目、YESでリスクオン、NOでリスク回避となります。またGPIFが最新のポートフォリオを発表してくるようです。日経平均は昨年末から見れば大きく価格水準が上がっているため予想以上に25%に近付いている可能性があります。こちらにも注目しましょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加