NEWS!
PICK UP!

【G7ギリシャに関して和やか】米GDP改定値-0.7%や5月シカゴ購買部協会景気指数46.2受けダウ115ドル安。125-130円は長期での売りゾーンか?

20150531ドル円日足チャート 20150531外為オンライン
◆29日のNYダウは115ドル安、米第1四半期GDP改定値-0.7%(予想-0.9%)、米5月シカゴ購買部協会景気指数46.2(予想53.0)、米5月ミシガン大消費者信頼感指数確報値90.7(予想89.5)でした。マイナスのGDPやシカゴ購買部協会景気指数46.2あたりを受けてのダウ下落となっています。独ドレスデンG7ではギリシャ問題に関して終始和やかムード。IMFへの返済も6/5先送り→合意してから月末にまとめ払いが許されるとの事。ギリシャ銀行からの預金流出は止まらないものの、合意を織り込む方向へ相場は向かいそうです。ギリシャがデフォルトしない限りユーロの下落が終了する可能性あり。すでに長期でのダブルボトムを形成している可能性も視野に入れておくべきでしょう。ドル円はゆっくりとした上昇で125円を超えると簡単には上昇できなくなるイメージ。ここは「普通に考える」ことが大切でしょう。125-130円は長期での売りゾーン。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加