NEWS!
PICK UP!

【ギリシャ合意期待にややリスクオン】ドル円は124.05と2007年高値に迫る!ギリシャ関連の要人発言と米利上げ観測で動く相場。

20150528Tドル円日足チャート 20150528外為オンライン
◆27日はギリシャ支援協議で楽観的な見方が優勢となりややリスクオンに傾いています。独ドレスデンG7では米国からも横槍が入る見通しですが、合意するまでは楽観視し過ぎないほうが良いでしょう。ギリシャは遅くともIMFへの支払いがある来週6/5には何らかの結論に達しているはずです。ドル円は124.05まで上昇し、いよいよ2007年高値124.14が視野に入ってきました。ドル円は長く持ち合った後の上放れで、それなりに上昇エネルギーはありますが相場は甘くないですから慎重に上値追いすべきでしょう。今晩は21:30米新規失業保険申請件数、23:00米4月中古住宅販売成約と発表されるものの、経済指標よりもギリシャ関連やG7に注目をしておきます。ギリシャからの発言に信憑性がない事から、投資家は様子を見たいところかと思います。ユーロは結果が出るまで揉み合いをイメージしています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加