NEWS!
PICK UP!

【ドル円レンジ上放れか?】ECBクーレ&ノワイエ発言にユーロ急落!Sell in Mayによるユーロ高+独金利上昇のピッチに警戒感を示した。

20150520Tユーロドル日足チャート 20150520外為オンライン
◆19日の欧米市場では、ECBクーレ専務理事が「夏の閑散期を前に国債買い入れを拡大する」との発言が伝わるとユーロが急落となりました。ECBノワイエ理事も同様の発言をしており、直近Sell in Mayによる「ユーロ高+独金利上昇」のピッチが速いことに対して牽制してきたと考えるべきでしょう。ファンド勢がSell in Mayまでに膨らませていたポジションは「ドル買い+ユーロ売り+豪ドル売り+原油売り+独株買い+独国債買い」などが中心になっていたことは明らかです。これが4月末からポジションクローズにより逆流したわけですが、そのピッチが速過ぎるために出てきた発言です。為替市場でもユーロ高がトレンドとして長期継続するにはまだ無理があったという事でしょう。昨日になって伝わってきた発言が「偶然ではない」という事が重要です。経済指標は、独5月ZEW景況感調査41.9(予想49.0)、米4月住宅着工件数113.5万件(予想101.5万件)、米4月建設許可件数114.3万件(予想106.4万件)とユーロ売り+ドル買いを後押しする結果になりました。ドル円は直近レンジを上放れしそうな展開となっています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加