NEWS!
PICK UP!

【今週4/27-5/1為替相場見通し】日銀サプライズあるのか?FOMCや米4月ISM製造業景況指数にも注目!ギリシャは5/11ユーロ圏財務相会合へ。

20150427Tユーロドル日足チャート 20150427外為オンライン
◆今週4/27-5/1為替相場見通しです。4月は方向感・値幅ともに無く為替市場はつまらない展開が続きましたが、今週から6/17FOMCまではイベントを受けて良く動きそうな時期に入ってきます。ギリシャ債務交渉も長引いており、5/11ユーロ圏財務相会合までに合意できないと波乱要因になりそうです。今週は29日FOMC、30日日銀金融政策決定会合、1日本邦インフレ指標、米4月ISM製造業景況指数と続きます。日銀の追加緩和は無いと見られていることから実施されればサプライズ、無くても円買いは一時的な反応になりそうです。米国では6月利上げ観測が大きく後退しており、現状では「ほとんど考えられない」というのがコンセンサス。実際のところは決めつけてはいけませんが、経済指標は冴えない結果が多くドル高懸念も強いことからドル売りが優勢になりそうです。ユーロドルは日足雲に入り込んできました。じりじり買い戻されるなかでギリシャがデフォルトするか見定めることになりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加