NEWS!
PICK UP!

【今週3/9-13為替相場見通し】良すぎる米雇用統計受け3/17-18FOMCで「辛抱強く」のフォワードガイダンス変更確実に「ドル高+株安」で反応!

20150309Tダウ先物週足チャート 20150309外為オンライン
◆今週3/9-13為替相場見通しです。先週末に発表された米2月雇用統計は、2月非農業部門雇用者29.5万人増(予想23.5万人)、2月失業率5.5%(予想5.6%)、時間当たり賃金24.78ドル(前回24.75ドル)と非常に良い結果となりました。為替市場ではドル買い、株式市場ではダウが278ドル大幅安となりました。米雇用情勢が前月に続いてこれだけ強い結果になると、3/17-18FOMCで「辛抱強く」の文言削除が確実視されるのも当然で、やや後ずれになっていた利上げ時期も6月利上げ観測が再浮上する結果になりました。市場では、イエレン議長会見のある6・9・12月どれかでの利上げが予想されています。今週は米2月小売売上高などで「米国景気の強さ」を確認していくことにりますが、早期利上げ観測は良好な結果を受けてのものです。ダウも調整→織り込みでまだ下げトレンドへの転換では無さそうです。引き続きリスク要因はなく、先週末の流れでどこまでトレンドが進んでいくかを見るだけの1週間でしょう。次は3/17-18FOMCに注目すべきでしょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加