NEWS!
PICK UP!

【ギリシャ解散総選挙に追い込まれる】1/25に選挙の模様で目先はリスク要因か?WTI原油53.61ドルへ下落、ルーブルも下落。東証は大納会!

20141230Tドル円日足チャート 20141218外為オンライン
※2014年のスイングトレードは終了、+2,199,760円でした!2015年は1月5日から再開。
◆29日のNYダウは15ドル安、18,000ドル台の史上最高値圏をキープしています。市場ではギリシャが大統領選出できなかったことを受け1月総選挙になったことが嫌気されています。万一急進左派連合が躍進すれば緊縮財政の約束が危うくなりそうです。年明けからはこのギリシャが少し話題になるかもしれません。経済誌等で来年の予想を見ていると意外とリスクに触れる記事が多く、逆にGPIFポートフォリオ変更の効果や日銀ETF買いなど需給に関する記事がほとんど見られません。相場を読むうえでは需給の部分のほうが「学者の浅知恵による読み」よりも重要でしょう。本日は東京株式市場が大納会となりますが米国株や為替は1/1以外は動いています。それでもスプレッドが広がるなど取引できる環境ではないことから、長期のポジションを取る以外には参加しないほうが良いでしょう。年明け2日も同じ環境で、通常の環境に戻るのは5日からとなります。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加