NEWS!
PICK UP!

【ドル円120円台を回復】ダウ154ドル高、再び史上最高値を更新!株高景気浮揚策はバーナンキ元FRB議長が始めたもの。官製相場の行方は?

20141223Tダウ先物日足チャート 20141218外為オンライン
※2014年のスイングトレードは終了、+2,199,760円でした!2015年は1月5日から再開。
◆22日のNYダウは154ドル高、再び史上最高値を更新しています。ドルは上昇し、ドル円は120円台を回復しました。国内では「官製相場」真っ盛りとなっており、この株価操縦がどこまで引っぱれるかが今後のテーマとなるでしょう。そもそも「株高による景気浮揚策」はアベノミクス以前にバーナンキ元FRB議長がQE1、QE2、QE3で始めたもの。瀕死の米国経済を救おうとした強引な政策が最終局面に入ったと見るべきでしょう。国内では10/31日銀追加緩和とGPIF改革でもうしばらく持ちそうな環境、緩和バブル最終局面へ投資家はロングポジションを積み上げるでしょう。長期投資はやっていないため、今後いつまで上昇相場が継続し、いつ終焉を迎えるのかを予想するのみですね。どこかの段階で株高の限界が来るでしょう。長期投資家は高値売り抜けのタイミングを計るのみでしょう。いずれにしても冷静に淡々とトレードを続けたいですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加