NEWS!
PICK UP!

【グッドフライデー欧米が休場】ドル円102円台半ば、米10年債利回り2.72%、引き続き決定的な材料なくボックス相場か?イースター休暇明けに注目!

20140418Tドル円日足チャート 20140418外為オンライン
◆17日のドル円相場はじり高、日足雲の下限攻防が続いています。相場が堅調な時はウクライナ情勢が落ち着いたと言われますし、相場が下落するとウクライナ情勢が紛糾との解説がなされますが、もうこの話題を材料にしている投資家はほとんどいません。4月相場は米企業決算に向けて売られ、決算発表が始まると買い戻されているのみでまた材料のない展開になっていると言えます。企業決算以外では日米当局者発言で少し上下に動いた程度です。16,408ドルとこちらもボックス圏に入り込んでいるNYダウ。これが下げない限りは大きく円高になることは無いでしょう。Sell in Mayで大幅調整が起きるかどうかが2014年相場前半の大きなポイントになりそうです。いずれにしてもドル円101-103円、日経14,000円台、ダウ16,000ドル台のボックス圏をそれぞれ抜けるのを待ちます。→ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。






■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。







※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加