NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

【ドル円一転下値トライか?】1月レンジ102.83-105.45、日銀金融政策決定会合、ダボス会議、英雇用統計、BOE議事録、BOC金融政策に注目!

20140122Tドル円日足チャート 20140122外為オンライン
◆21日のドル円相場は、東京~ロンドン時間にかけて104.75まで上昇する場面がありましたが、NY時間には売りに押されて上髭を作ってクローズしています。日経平均株価も200円超上昇する場面があったものの後場は売りに押され上げ幅縮小、いまだ元気のない展開で年末ラリーからの調整後は方向感なく推移しています。104円台にほとんどの時間滞在しているドル円ですが、まったく水準が変わりそうにない時ほどエネルギーを溜めていますから3-4月には大きく水準が変わっていると考えるべきでしょう。直近ではルー米財務長官の円安けん制発言や国内でも大幅な円安を望まない声があり、ネガティブサプライズとなった米12月雇用統計、次回も寒波などの影響で悪そうと見られている米1月雇用統計、105円オプションVS実需の買いなど買い要因・売り要因が交錯し「大幅な円安も円高もない」というコンセンサスが専門家の間でできつつあります。そういった連想や理詰めを無視して水準を変えていくのが相場ですから向こう3か月で大きく動くという前提で構えておくことが大切です。→ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。






■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。







   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero