NEWS!
PICK UP!

【来週10/21-25日為替相場見通し】10/22と11/8の米雇用統計2回分は投資家のセンチメントに影響なしか?チャート重視の戦略で。

20131020ドル円日足チャート 20131020外為オンライン
◆来週10/21-25日為替相場見通しです。米財政協議が来年まで先送りとなったことで投資家の関心は経済統計と企業決算に移ります。まずは発表が延期されていた米9月雇用統計が22日(火)に発表されます。今回と次回11/8に1週遅れで発表される米10月雇用統計は米財政協議の影響で正確さを欠くと見られており、良い結果が出ても悪い結果が出ても投資家は「イレギュラー」と判断するでしょう。参考外と見られていることからFRBは当面正確な雇用情勢を把握できず量的緩和縮小(テーパリング)開始は後ずれしていくという観測です。

投資家は当面「ドル売り」以外の選択肢はありません。ただし、重要なことは「ドル売りしか選択肢がない」という環境でドル相場がどう動くのか?を見ることです。それで地合いが読めます。10月の安値拾いも終盤となりました。目先は200日線を割り込んでクローズするかに注目ですが、8日の96.57が今月の安値となるのか見極めたいと思います。ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。





■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。





※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加