NEWS!
PICK UP!

【米財政協議見通したたず】リスク回避の10月相場、米国デフォルト寸前で恐怖感ピーク=買い場。とにかく17日期限という間違った報道に要注意!

20131005ドル円日足チャート 20131005外為オンライン
◆4日のダウは反発し76ドル高、ドル円相場も小幅陽線97円台前半で引けています。週末のショートカバーという範囲の戻しで引き続き米財政協議のゆくえを見守る以外にはありません。今一つ結末が見えてこない米財政協議ですが、マスコミで報道されている「17日までに債務上限引き上げ合意」できなければ資金が枯渇し米国がデフォルトに陥るという報道は間違っています。これを投資戦略の柱にしてしまうと米国デフォルト回避に賭ける戦略は「16日までに買い」となり、17日を過ぎてもデフォルト回避にならずデフォルトもしないのであれば含み損でパンクします。現状では暫定予算と債務上限引き上げを一緒に協議しており、バラバラに合意していくのか一緒に合意なのかさえ見えていません。もう少し様子を見る必要がありそうです。

投資家は10月中はデフォルトせずに持ちこたえると見ており、個人的にも米国デフォルトは予想していません。理由はねじれの米議会が合意できない理由は、ここで両党ともに成果を上げないと次回選挙で議員が失業するからと明確です。万一、デフォルトに追い込んでしまえば全員クビ確実ですからデフォルトはありません。ところが前回の債務上限引き上げ協議でも、マスコミやアナリスト・エコノミストまでが「米国がデフォルトすればリーマンショック以上だ」とか「世界恐慌」「金融危機」と恐怖を煽ります。本当のところ米国はデフォルトしたことが無いのでその影響は誰にもわからないのです。世界が終るとか終わらないとかはマスコミに任せ、トレーダーとしては財政協議のゆくえを日々見守り「債務上限引き上げ合意で買い増し」と単純に考えておきます。





■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。





※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加