NEWS!
PICK UP!

【米政府機関一部閉鎖初日、雇用統計なし?】米労働省が週末の雇用統計発表できない可能性、暫定予算合意しても連邦債務上限引き上げに不安残る。10月いっぱいは買い場か?

20131002Tドル円日足チャート 20131002外為オンライン
◆1日のNY市場では、前日までに暫定予算に合意できず「政府機関一部閉鎖」となりました。米議会がすんなり何かを決めることは考えられず予想通りの展開です。閉鎖が長引けば4日雇用統計が発表でない事態となり市場に不安が広がります。100万人が無給で自宅待機となることから、まずはいつ再開できるのかに注目が集まります。これまでは政治ですから「限界まで戦うことが是」となりますが、博物館の閉鎖で観光に打撃、100万人が無給で迷惑していますので、今後は「長引けば非」に変化します。政治家も失業しないためにある程度戦ったあとは合意となりそうです。政府機関が再開しても17日に向けた「連邦債務上限引き上げ問題」が重くのしかかり、また米議会は決めないですからリスク回避要因になります。11月までもつれることも覚悟しておくべきです。トレードでは2単位利食い残りはホールドしています。11月へ向け今月の円高局面は安値拾いを続ける方針です。現状は97.50がサポートライン、崩れれば95円台がありそうです。どこまで円高があるのかですね。





■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。




※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加