NEWS!
PICK UP!

【ドル円98.80FOMC直前までの戻し】これ以上ないドル安材料の中どこまで戻すか?終値で客観的に地合いが読める。ドル円ロングは利食えない。

20130919Lドル円日足チャート 20130919外為オンライン
◆19日ロンドン時間午前中のドル円相場は98.80まで上昇、ちょうどFOMC声明文発表直前のレベルまで戻しています。基本的にはここまでの戻りで終了となりますが、さらに上昇してクローズした場合には客観的に見て地合いが強いことになります。通常はここから反落してクローズしますので終値に注目しておきます。ドル買いポジションは利食うわけにはいかないタイミングで反落するにしてもこのままホールドします。NY時間は米新規失業保険申請件数、米9月フィラデルフィア連銀景況指数、米8月中古住宅販売件数と発表されます。それでも18日のNY午後に発表されたFOMCの結果をまだ織り込んでいない米国市場がその続きでどこまでドル売りとなるか?というのが今晩の相場です。




■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。





※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加