NEWS!
PICK UP!

【18日夜中いよいよ米FOMC】量的緩和縮小開始か?「時期」と「規模」に投資家の注目集まる!ドル円99円台で膠着、FOMC待ち。

20130915ドル円日足チャート 20130915外為オンライン
◆いよいよ来週18日東京時間夜中に米FOMCの結果が発表されます。現在実施されている資産買入れ月額850億ドルの縮小を開始するのか?縮小するとなればその規模はどうなるのか?の2点に投資家の注目が集まっています。これに関しては量的緩和縮小開始→規模が投資家の予想を上回れば「ドル買い」下回れば「ドル売り」で単純に反応しそうです。またフォーワードガイダンスで利上げに関して「失業率6.5%、インフレ率2.5%」を目安にしており、これが万一「失業率6.0%、インフレ率2.0%」に変更となった場合には「ドル売り」の材料になるため注意が必要です。FOMC通過後も米債務上限引き上げ問題10/18や消費増税など材料は続きます。まずは目先の重要イベントであるFOMCにのみ注目したいと思います。「米債務上限引き上げ問題」は毎度の材料にも関わらず良く売られるのでスケジュール的に10/18あたりを底に見ての安値拾いが有効かもしれません。




■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。





※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加