NEWS!
PICK UP!

【本邦当局者連日で円高牽制】ドル円上昇78.50付近、良好な米経済指標も追い風に。豪小売売上高、ECB金融政策ドラギ総裁会見に注目!

20121004T豪ドル円日足チャート 20121004外為オンライン
3日の欧米市場では、(米) 9月ADP全国雇用者数+16.2万人(予想+14.0万人)、(米) 9月ISM非製造業景況指数55.1(予想53.4)と市場予想をそれぞれ上回りドル買い+円安となりました。ドル円は上昇、ポンドドルは軟調、ユーロドルは横ばいでした。前日のサプライズ利下げから朝方の(豪) 8月貿易収支赤字拡大で79円台後半まで売られていた豪ドル円は80円台前半に一旦切り返しています。豪ドル円は揉み合い、株価や他のクロス円相場動向に左右されそうです。豪ドルは本日も(豪) 8月小売売上高の発表があり注目されます。ドル円長期はせっかちなので+17万で利益確定してしまいました。すいません。持っていれば80円台もあると思います。ユーロドルデイトレードは1.29絡みでほとんど動きなし。日足チャートをみるとほとんど値幅もなく1.28-1.30のレンジで方向感がありません。ドル円は直近77円台を2度やってもう下げそうにありませんが、もし米雇用統計などで下に突っ込む場面があればまた買いを入れて行きたいと考えています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加