NEWS!
PICK UP!

【ユーロドル2年ぶり安値を更新!】米6月雇用統計発表前からユーロと株価は地合い悪く、ユーロ円・ユーロドル売りが正解だった。

20120707ユーロドル日足チャート 20120707外為オンライン
6日に発表された米6月雇用統計は、中途半端に予想を下回ったことで「予想は下回る結果もQE3観測が急浮上するほど悪くない」という株価にとっては最悪の結果となりました。ダウは124ドル安、ユーロドルは2年ぶり安値を更新し1.22台後半となっています。NYダウは6月最初の安値と28日安値に一応ラインを引いておけばまだ下向きにはなっていないことがわかります。ダウとユーロは5日にすでに地合いが悪くなっており、中国・英国・欧州の緩和策を好感しきれない展開。この2日は「ユーロ売り」で良かったと思います。2日ともユーロドルショートで行きましたが、ユーロ円・ユーロドル両方ショートでポジションを取ればもっと利益は大きかったと思います。来週は米企業決算が材料になってきそうですが、5日からの流れを見る限り「主要国の金融政策に手詰まり感」を投資家が感じているのか「中銀の金融政策によるリスクオンに疑問符」というのが今のマーケット環境かと思います。催促が続くスペイン・イタリアの国債利回り上昇にも歯止めがかけられておらずきな臭い感じもします。こういった環境に変化がでてくるか?を日々確認しながらユーロの戻り売りが良さそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加