NEWS!
PICK UP!

【ギリシャ債務交換協議に振り回される】米1月ADP全国雇用者数、米1月ISM製造業景況指数に反応薄。ギリシャ合意待ちで売れない。

ユーロドル日足チャート20120202T 20120202外為オンライン
おはようございます。1日の欧米市場では、大詰めに入っているギリシャ債務交換協議が「まもなく合意」→「数時間で合意」との報道があり株価は一時大幅高、ユーロも大きく買い戻されました。結局東京時間に入っても合意していませんが、昨日の感じでは本当にまもなく合意の雰囲気で通過までユーロ売りでは入って行きにくい状況になりました。ショート筋は本当に我慢を強いられますが、合意まで様子を見たいと思います。合意後の値動きを確認しない限りユーロ相場は参加しようがないかと思います。今週中に合意して欲しいですね。どのような条件で合意するのかに注目しておきます。格付け会社が「デフォルト認定」するかなどにも注目しておきます。トレードではユーロドル時間足チャートで安値から3段階、150ポイント以上の上昇後1.32前後から時間をかけて売って行きましたが、ギリシャ合意待ちで下がって来そうになく、日足がほぼ確定するあたりで撤退+14.3万でした。ユーロ円は損切りでしたが、メンテナンス時間に「合意」がでると危ないためプラスになっているところで撤退しています。この後は合意内容と合意後の反応を見定めてから売り再開したいと思います。とにかく我慢。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero