NEWS!
PICK UP!

【ユーロ共同債構想に独メルケル首相反対】フィッチはポルトガルを格下げ。米国感謝祭休場、欧州株続落!

ユーロドル日足チャート20111125T 20111125外為オンライン
24日の欧州市場では、メルケル、サルコジ、モンティ会談が行われましたが「ユーロ共同債構想」に独が反対。一番財政状態の良いドイツは「一緒になれば一番損をする」ということでまとまりそうにありません。他では米格付け会社フィッチがポルトガルの格下げを発表しています。米国は感謝祭休場で欧州株は小幅続落しています。今週のユーロドル相場を振り返ると水曜に比較的大きく下落した以外はほぼ横ばいになっており、丁寧に戻りを売って行く以外にはなかったと思います。為替市場でのリスク回避よりも米国株の下げ幅のほうが大きいように感じました。今週は週半ば日米休場のためトレードお休みしました。短期売買ではサプライズ的な買い材料やショック・パニック相場となったほうが利益をあげやすいですから来週以降も引き続き欧州債務問題をよくみていきたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加