NEWS!
PICK UP!

【米10月雇用統計に反応薄】非農業部門雇用者数8.0万人増、予想下回る。前月分は15.8万人増に上方修正、ドル円介入以降78円台前半でまったく動かず。

ドル円時間足チャート20111107T 20111107外為オンライン
おはようございます。4日に発表された米10月雇用統計は、10月非農業部門雇用者数が+8.0万人(予想+9.5万人)、10月失業率は9.0%(予想9.1%)とまちまちの結果となりました。非農業部門雇用者数が小幅に市場予想を下回ったものの、前月分が+10.3万人→+15.8万人に上方修正されており良し悪しを判断しにくい結果となりドル円・ユーロドルともにほとんど反応がありませんでした。先週は月曜から「円売り介入」「ギリシャ国民投票」と予期せぬ大荒れとなり、木曜日のECBサプライズ利下げまでで散々動きましたので投資家の参加意欲も落ちていたと思います。ドル円相場は77円台では覆面介入のうわさも残っており78円台前半でまったく動かなくなっています。こちらも実需と本邦個人中心で欧米の投資家はいじってこない状況が継続しそうです。今週はいつもどおり火曜~木曜の欧米時間にチャートで地合い見ながらエントリーポイントを探って行きます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加