NEWS!
PICK UP!

【円売り介入にドル円79.55】米国ではMFグローバル破産法申請NYダウ276ドル安。介入のドル高も絡みユーロドルも大幅に売られる。

ドル円時間足チャート20111101T 20111101外為オンライン
おはようございます。31日の東京市場では、10時25分円売りドル買いの為替介入が入りドル円相場は75.56から79.55まで約4円上昇しました。この時間は78円台前半となっており、直近2回の円売り介入と似たような値動きとなっています。今回も無策の介入なのか?この後もなんだかの対策や複数回の介入が実施されるか?に注目が集まっています。過去2回同様にこのまま放置であれば再度ドル円相場は円高方向へ振れそうです。米国では欧州債権を中心に運用していたMFグローバルが破産法申請、ドル円相場でのドル買いにより円やユーロが対ドルで上昇したこともありダウは276ドル安で引けています。介入時のトレードでは値動きを見て10時33分から押し目買い+18.3万でした。一旦79円手前から最初に下落してきた78円前後も買い場。介入が入った場合には2時間くらいは上昇、日足は陽線で終わると信じて3円程度までは買っていくしかないかと思います。デイトレで使用している業者がスプレッドが10銭以上開いており、昨日は別業者も使いました。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加