NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

【シュタルクECB専務理事発言】ギリシャ緊縮財政法案採決を明日に控えプレッシャーかける。アジア系ソブリンネームの買い。

ユーロドル5分足チャート20110628L 20110628外為オンライン
2011年06月28日18:11
こんばんは。28日の為替市場では引き続きギリシャ関連報道によるユーロ相場が中心。基本的には明日に「緊縮財政法案採決」を控えて様子見姿勢も強そうです。東京時間午後にはシュタルクECB専務理事が緊縮財政なければ支援なしと発言しています。「可決しないと終わりだよ」と発言することで、明日ちゃんと「可決してください」というプレッシャーをかけているものと思われます。発言後に下落し始めたユーロドル相場ですが、16時過ぎからはお決まりのようにアジア系ソブリンネームの買いで今日の高値付近まで上昇する場面があり、その買いが終わると下落に転じています。16:30前後の買いが非常に強かったため1.4298から買ってみましたが1.4327までで下落へ転じ撤退+7万でした。もう少し下から入って行ければ良かったところですが、今日は様子見の予定でしたので躊躇してしまいました。NY時間は明日の採決待ちと見て確実に見送ります。採決前後からまたユーロドル中心にトレードして行きます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero