NEWS!
PICK UP!

【ドル全面安、ユーロドル売買&損きりポイント解説】ギリシャ債務再編週末にもの噂メールで流れる。検察に捜査要請へ。

ユーロドル時間足チャート20110421T 20110421外為オンライン
2011年04月21日14:00
こんにちは。20日欧米時間は「欧米株大幅高+ドル全面安」となりました。ユーロドル相場のエントリーポイントは時間足チャート青枠で囲ったところ、ロスカットは1.4330レベル。詳しくは動画で解説しています。下落トレンドの後、買戻しが非常に強いときにショート筋が踏み上げられる典型的なチャートになっていますが、株高でリスクオンの動きから円や米ドルが安いのは理解できるものの、今ひとつドル売りを極端に進めている理由がはっきりしない1日でした。22時には「週末にもギリシャが債務再編」という噂が流れ、一時的にリスク回避の動きがありましたが結局は踏み上げとなっています。先週末からギリシャ債務再編を材料にショート、今週に入っても戻り売りスタンスになっていたショート筋が、どんどん上昇するユーロドル相場に追い込まれて最後の手段として噂を流してきたと考えるのが一番しっくり来ます。いわゆるポジショントークですがやり過ぎでは?全体のドル売りの流れが強く、ユーロは結局下落しなかったものの、ギリシャの株はこの噂で下げた模様、ロイターによるとギリシャ財務省は検察に捜査を要請したようです。トレードはイースター休暇入り、今日・明日は様子を見ます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加