NEWS!
PICK UP!

【ドル円200日線割り込み83.11】投信解約など円転需要か?ユーロドル1.44台、ユーロ圏諸国財政問題と追加利上げ観測が綱引き。

ドル円日足チャート20110415N 20110417外為オンライン
2011年04月17日10:38
こんにちは。15日のドル円相場は注目が集まっていた200日線を割り込み一時82円台まで下落、17時~18時には買い戻されるも200日線レベルが抵抗線となり83.11でクローズしました。ユーロドル相場は、ユーロ圏諸国財政問題と追加利上げ観測が綱引きとなり、1.44台で行ったり来たりの1週間でした。押し目買いをしていたドル円・クロス円相場はイメージしたよりも遙かに弱い展開が継続しており、15日の終値にも注目をしていましたが原因を探って少し考え直したほうが良さそうです。福島原発のレベル7に海外勢が反応し始めたところから流れが変わり、急激に下げ始めたドル円は「協調介入以降の急激な買いでロングがしこってるから」という程度に考えていましたが、ここまで軟調だと4月12日以降は原発問題から来る、経験したことのない強烈な不透明感や不安に海外投信や外貨預金などを円安になっているうちに円転し現金化したいという行動があるようです。ドル円は80~82円レベルなら一方的な円高も考えにくいところですが、相場環境やチャートを良く見ながら柔軟に投資戦略を立てて行きたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加