NEWS!
PICK UP!

【アルコア決算さえない】原発レベル7海外勢は過剰に反応!東電は会見でチャルノブイリ超える可能性?IAEAがフォーロー?大混乱。

ドル円時間足チャート20110413T 20110413外為オンライン
2011年04月13日12:07
こんにちは。12日のドル円・クロス円相場は東京時間に急落、ドル円は83.46まで下げています。「レベル7」に関しては前日からニュースなどで報道されていましたが、東電の会見で「チェルノブイリ以上かも」という発言があったようで日経は大幅下落+円買いとなりました。日本時間夜中には福島原発のレベル7に関してIAEA関係者が相次ぎ「チェルノブイリとは全く違う」と発言しフォローを続けパニックを回避した格好。東電や保安員が世界を震え上がらせ、IAEAがフォローするという本来あるべき姿とは真逆の大混乱となっています。ただし、現場は震度6弱などが続くなか本当に過酷な状況に置かれていると思います。会見でもそのあたりが出てしまうのかもしれません。特に2号機は極めて深刻な状態なのが明らかなのに、内部を確認することも線量高く不可能なため、政府の報道以上に遥かに深刻なのかもしれません。トレードでは、東京時間の円買いは限定的と思っていましたが最大でもと想定していた83.30に迫るレベルまで大幅下落、大きなリスクを負わされた分大きく勝つ必要があったため16時台に+50万になったところでスクエアにできず苦戦しました。結局13日仲値直前に逃げ+42万でした。震災以降は円相場がよく動き中心になることも多くなっています。引き続きドル円・クロス円押し目買いを継続します。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加