NEWS!
PICK UP!

【米経済指標は強弱入り混じり方向感でにくいか】株価は底値固めへ。外為オンライン兵ブロガーウィークリーコメント20100802

ドル円時間足チャート20100802T 20100802外為オンライン
2010年08月02日10:42
先週末のドル円相場は米第2四半期GDP速報値を受け85.95まで下落する場面がありました。その後に発表された米7月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想を上回り買い戻し、86円台半ばでクローズしています。東京時間はトレンドが円高傾向であってもさすがに本邦当局者から円高けん制発言なども出やすい時間帯になりますので、極端な株安などが起きなければ大幅な円買いは起きにくいと考えています。ドル円・クロス円相場はNY時間に下方向への注意を払えば良さそうです。ただし腰の入ったポジションよりも短期回転売買の傾向が強く、80円台前半への突っ込みがあってもショートカバーも速そうです。あまりショートで突っ込みすぎて逃げ遅れないようにしたいですね。トレードではNY時間に作ったショートポジションはNY時間中にクローズし、東京時間へ持ち越さないほうが良さそうです。今週はイベントが目白押しとなっており、2日米7月ISM製造業景況指数~6日米7月雇用統計まで忙しいですね。金融政策も豪・英・欧と予定されており、こちらにも注目しておきます。相場全体の環境からは方向感の出にくい環境と予想しています。米経済指標もこの2カ月程度は住宅・雇用・消費と軒並み悪い数字が並んで来ましたが、ここへきて強弱入り混じってきた印象です。この先も一方的に悪い数字ばかりが出てくるとは考えにくく、株価もドル円・クロス円相場も「行ったり来たり」という可能性が高そうです。ドル円はここまで戻り売りが有利というスタンスで来ましたが、今月は一時的な急落に注意を払いつつも、そろそろ底値固め~買い場を探る段階に入って行きそうです。それでは今週も頑張りましょう!口座残高は1,048万へ。

※最終的な投資判断は必ずご自身でお願いいたします。

【推奨業者情報】→DMM FXがスプレッド縮小キャンペーン開催中です。ドル円0~0.6銭、豪ドル円1.1~1.6銭と今もっとも低コストでトレードできます。昨年オープンで様子を見ていましたが、取引高や預かり資産の伸びが凄く安定して来ました。お勧めです!引き続きキャンペーンの延長にも期待。
低スプレッドNO1DMMFX
→ドル円スプレッド0~0.6銭!取引量に応じて最大100万円キャッシュバック!DMM FX詳細はこちら

※ブログ読者様へ毎日ご訪問ありがとうございます!
1日ワンクリックづつ「熱い応援」よろしくお願いします↓
→人気ブログランキング(為替・FX)
→為替ブログ村(FXデイトレ派)

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

ZONE相場心理学入門もれなくプレゼント中!
→FXトレーディングシステムズ社タイアップキャンペーン詳細をみる期間限定。

FX専業トレーダーのポジションや投資戦略をリアルタイム公開中!
デイトレーダーZEROのデイトレブログ
http://fxday.livedoor.biz/

日々のトレードやチャートを動画で解説しています。好評です!
デイトレーダーZEROのFXチャート動画解説
http://fx-gvideo.blogspot.com/

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加