NEWS!
PICK UP!

米2月雇用統計発表後の値動きについて。ドル円相場は90.58まで2時間半上昇、ユーロドルではドル買い続かず+141,000円。

USDJPY20100305N5分足チャート 20100306外為オンライン
2010年03月06日20:01
米2月雇用統計発表後の値動きですが、ご質問もありましたので少し解説しておきたいと思います。注目が集まった米2月雇用統計は2月失業率が9.7%(予想9.8%)、2月非農業部門雇用者数が-3.6万人(予想-6.5~-6.8万人)といずれも市場予想よりも良い結果になりました。これを受けてマーケットでは「ドル買い」で反応しています。ドル円はそのまま2時間半の間、上昇トレンドに発展し、ユーロドルは一旦ドル買いも1時間半後には下落直前のレベル1.3580を守れずに逆に上昇して行きました。何故なのか?米雇用統計が良かった場合、悪かった場合のマーケット参加者の反応はその時代によって、テーマによって若干変化します。昨年の米雇用統計後のチャートをすべて振り返っていただくか、昨年もトレードをしていた方はわかると思いますがドル円は一方向のトレンドが多く、ユーロドルは乱高下が多くなっています。

理由は色々ありますが、昨年であれば発表直後は「リスク許容度」に反応→その後は「米長期金利」に従って動いたためで「ドル円はどちらにしろ同じ方向へ動くから」というものでした。これとは若干変わりつつあるものの、今回は発表直後は「ドル買い」で反応→その後はリスク許容度の改善から株高→円売り+ドル売りに動いたためドル円・ユーロ円・ユーロドルがすべて上昇に転じて行く流れになったと思われます。これは昨年からずっと続いていますので直前の記事で「トレードはドル円のみで参加」と書いておいたのはそのためです。また変化が訪れた場合には一番わかりやすい通貨ペアを狙っていくことになりますが、すぐには変化しないのでしばらく大丈夫と考えています。

20100305取引明細

※ブログ読者様へ毎日ご訪問ありがとうございます!
1日ワンクリックづつ「熱い応援」よろしくお願いします↓
→人気ブログランキング(為替・FX)
→為替ブログ村(FXデイトレ派)

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

MJタイアップ投資の黄金律プレゼント中!
→MJ社タイアップキャンペーン詳細をみる期間限定~2010年3月31日まで。

FX専業トレーダーのポジションや投資戦略をリアルタイム公開中!
デイトレーダーZEROのデイトレブログ
http://fxday.livedoor.biz/

日々のトレードやチャートを動画で解説しています。好評です!
デイトレーダーZEROのFXチャート動画解説
http://fx-gvideo.blogspot.com/

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加