NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

アルムニア欧州委員発言「ユーロ高について討議する」にユーロドル下落、1日の東京~ロンドン時間の外国為替市場。

EURUSD20091001L5分足チャート
15:54
こんにちは。1日の外国為替市場では15時前にアルムニア欧州委員が「ユーロ高について討議する」と発言したことにより、一時ユーロドルを中心にドル買いとなりました。突発的に下げ始めたので少しだけ取りましたが、あまり意味はないかと思います。日本では藤井財務相が円高を呼び込む発言を繰り返し、投資家やマスコミから批判されまくっていますが、対照的にEUやECB関係者は「ユーロ高」に関して昨年12月からきっちりとコントロールしている感じですね。一方の藤井財務相は一貫性のない発言で、昨日も「G7で最近の円高を取り上げる予定はない」と発言してしまい円高を推進してしまいました。インターネットなどのニュースを見ると財界や投資家からすごい非難の声が上がっています。財務省関係者も少しお怒りのようなコメントが出ていますね。本邦株式市場もこれに振り回され意気消沈、雇用統計も控え1万円割れ→また世界でひとり負けの様相。いったいどうすれば良いのでしょうか?私たちが少し考えて差し上げましょう。

本邦財務相は少し「お勉強」が必要な感じですが、まず世界的な常識として各国の財務相と中央銀行総裁、申し上げるまでもなくこの2人はマーケット参加者の注目の的で、記者の質問に対する回答でも、3流雑誌のインタビューであっても影響力は大きいですから、そういう立場にいるという自覚ですね。あとは「どのような発言をどのように捉えられるのか」がわからないから失言を繰り返しているわけですから、当然勉強が必要なのですが、勉強するにも時間がかかるかもしれません。財務省関係者が「言ってはいけない文言集」を渡せば良いのでしょうか?こういう時は良い逃げ口上が実は昔からあるんです。それは「為替についてコメントしない」これの1点張りです。口先介入が必要な時は「文言集どおり」に発言をし、その他の質問等にはすべて「為替についてコメントしない」と逃げるのです。これが一番確実で昔から使用されています。来週あたり気づくかもしれませんね。がんばれ藤井財務相!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero