NEWS!
PICK UP!

米第2四半期GDP速報値に注目!米7月シカゴ購買部協会景気指数の発表もあり。欧州株、NYダウ先物は強含み31日のNY市場。

USDJPY20090731L5分足チャート
20:00
本日の動画解説アップしました→FXデイトレードチャート解説、米新規失業保険申請件数など20090731

こんばんは。31日のNY市場では、21:30に発表される「米第2四半期GDP速報値」に注目が集まっています。市場予想は-1.5%で改善の見込みですが、悪かった場合の反応を見ておきたいと思います。来週もISM~米雇用統計まで大きな指標が出ますが、景気回復期待VS雇用統計となりそうです。本日のGDP~米雇用統計までは、悪かった場合に「景気回復期待」が上回り、株価が堅調に推移できるのかが重要なポイントになると見ています。

米7月シカゴ購買部協会景気指数も発表されますが、まったく注目しないでおきます。先週末から「月末の投信設定」を気にする相場展開が続きましたが、もう考えずに「クロス円は下方向も充分にある」という前提で投信の先入観は捨て、チャンスがあればトレードしたいと思います。本日ここまではノーエントリーで様子を見ています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加