NEWS!
PICK UP!

米6月耐久財受注-2.5%悪化も反応は限定的。WTI原油先物は下落ユーロドル売られる。クロス円は月末投信設定通過待ちか。

USDJPY20090729N時間足チャート
10:00
おはようございます。29日のNY時間は、米6月耐久財受注が発表され-2.5%と悪化しましたが反応は限定的となりました。NY時間のデイトレは、米6月耐久財受注発表直後の94.85ショート1回のみでした。あまり下げそうにないということで同値決済して様子を見ています。ロンドン時間には、上海の急落や原油が安いからかドル円・クロス円は下値トライし94.01まで下げましたが反発。ドル円時間足チャートをみると、完全にダブルボトムになってしまいショートはすべて踏み上げとなりました。

火曜~水曜で95円台から94.01までのストップロスをすべてこなし、返す刀で売っている側のストップロスもすべてこなしていますので、94.00-95.50の間ではしばらく狙いようがないかもしれませんね。先週末から根底にある「月末投信設定観測」が明日で終了しますので、通過待ちするかタイミングよく押し目買いしかない展開で様子をみたいと思います。先週末は93.00が堅くなり、今週は94.00が堅くなる展開で、底堅いレベルが切りあがっています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加