NEWS!
PICK UP!

バーナンキ議長議会証言、キャタピラーなどの決算、BOC金融政策に注目。21日の外国為替市場NY時間の展望。

USDJPY20090721L時間足チャート
18:00
こんばんは。21日のドル円相場は、93.77-94.28で小動きとなっています。デイトレではノーエントリーです。NY時間には23時頃から「バーナンキ議長議会証言」があり、今回は注目をしています。米企業決算はキャタピラーがNY朝方、アップルがクローズ後となっています。本日も重要な経済指標の発表はなく、やや「我慢比べ」の様相ですが、バーナンキ議長議会証言で、ドル相場中心に動きがありそうな気がしています。米企業決算に関しては良い結果が当たり前の雰囲気で、大分株も買われているため、どこまで上値を追えるのか見極めたいと思います。日本では政治の空白などもあり、また世界的な「年初来高値更新ラッシュ」に置いていかれましたが、海外では明るい材料も出始めており、クロス円も株価も上下どちらとも予想しづらいレベルです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加