NEWS!
PICK UP!

7/21に衆議院は解散、8/31に投票することを決断!16日中国GDPと米企業決算待ちで依然弱気ムードが継続。

USDJPY20090713T時間足チャート
12:50
こんにちは。13日のドル円・クロス円相場は仲値にかけて買われ、ドル円は92.95まで上昇する場面がありました。弱気相場になっているときですから、売り場でした。日経平均株価は午後に入って「7/21に衆議院は解散、8/31に投票することを決断」と報道が流れさらに下げ幅を拡大し、この時間は150円程下げています。今週は14日~本格化する米金融機関と米企業の決算、16日中国の4-6月期GDP、その他経済指標を確認しながらとなりそうです。

16日中国の4-6月期GDPは東京時間に発表がありますので、この日だけは東京時間に注目をしておきます。前回は事前に期待で買いが入り、6%台ということで失望売りとなっています。本日のデイトレは、欧米時間中心にチャンスがあればいつもどおりエントリーして行きますが、今週は明日以降が本番のような気がしています。米金融機関の決算に関しては、また「予想ほど悪くない」という結果を予想しておきます。予想より良かった場合の、買いの反応が鈍いかどうかに注目をしておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加