NEWS!
PICK UP!

中国人民銀行コメントでドル売り、ドル円は指標後も単独に近い下げ95.19まで下落。+36,000円でした。

USDJPY20090626N5分足チャート
22:30
本日の動画解説アップしました→昨晩のNY市場チャート解説とトレンドラインの引き方、見方20090626

こんばんは。26日の欧米時間は中国人民銀行コメントでドル売りとなりました。中でもドル円の下落時間が長く、米経済指標の発表後は中心になって売られている感じになりました。デイトレでは昨日の安値95.60と本日東京で下押しした安値95.61を割れてきたところ95.55でショート→一旦95.38までとなり撤退+36,000円。戻り売りを95.60で狙っていましたが、戻り95.55付近までとなり第2波は逃しました。本日はマイケルジャクソンさんが死去したため今週のトレードは終了します。為替のニュースでも話題になっていますが、米国はディーラーもこういった時には静かになりやすいです。過去の例ではアメフトの決勝スーパーボウルの日とか、特別なときはテレビに釘付けになることがあります。今週はFOMCなど何度かチャンスを逃しましたが、結局プラスで終えれて良かったと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加