NEWS!
PICK UP!

米5月消費者物価指数CPI受け利上げ観測後退、S&P米銀22行の格付け引き下げ、見通しを修正にクロス円軟調。

USDJPY20090617N時間足チャート
10:15
こんにちは。17日のNY時間はドル円は下落、NYダウは小幅な値動きで 8,497.18 -7.49 -0.09% でクローズしています。ドル円相場は東京時間朝方に95.97まで売られたものの、ストップロスは巻き込めずに反転。NY時間には米5月消費者物価指数CPI受けドル軟調、S&P米銀22行の格付け引き下げ、見通しを修正に再び96円を割り込みストップロスをつけ下落95.52、95.51と2回やって95.75付近でクローズしています。東京時間は朝8時台ですのでトレンドにはなりにくい、どちらかと言えばフローなどに近い一時的な下げになることが多いので、ついていかずに「どこをサポートするか」確認すれば良いかと思います。東京時間9時台には仲値などもありますので、トレンドが発生しても仲値後~昼休みと考えておいたほうが良いかと思います。

NY時間はしっかりとした下げとなり、昨日としては勝負どころでした。96円割れからショートがセオリーですが、ロンドン時間5分足チャート、18:40の安値96.10を割れたら勝負して良いのかもしれませんね。時間帯や材料、参加者によっては96.00割れでショートにするよりも「来そう」と思える時なら96.10割れや、その戻りから入ったほうが利益も取れますし、リスクもどうでしょうか?下押し失敗なら96.20-25あたりで撤退するでしょうから一考の余地があるかもしれませんね。デイトレはお休みしていますが、今週木金・来週月火で用事がひと段落しますので24日水曜のロンドン時間~再開したいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加