NEWS!
PICK UP!

米6月ニューヨーク連銀製造業景気指数-9.41に悪化し、NYダウ187ドル安。終日で円買い+ドル買いが進むユーロ売られる-21,000円。

EURUSD20090615N時間足チャート
9:20
おはようございます。15日の外国為替市場では東京株安→欧州株安→NY株安と終日の大幅下落となりました。これを受け為替相場はリスク回避が強まり「円買い+ドル買い、ユーロ売り」となりました。豪ドルも弱かったですね。印象としてはクロス円のほうが鮮明に下落をし、ユーロ円の下げが中心になっていた感じがします。デイトレではドル円は負け、ユーロドルは勝ちとなりました。ドル円は22時過ぎに98円を割れてきたところからショートでエントリーも、そのままホールドするか迷う値動きで-7pipsで念のためクローズ-21,000円でした。ドル円に関してはドル相場でのドル売りか、円相場での円買いなどが鮮明になっている時でないと判断が難しいですね。

ユーロドル相場は終日の下落でスピードはゆっくりですが簡単でした。エントリーしたのは16時台に円買い+ドル買い、ユーロ売りが強まってくる場面がありましたので、どちらかというとユーロ円を見ながらの1.3876ショート、1.38は簡単に抜けれないと予想して1.3820で利益確定しています+76pipsでした。ユーロに関してはECBから欧州金融機関に関するレポートなどが出たようで1.38を割り込んで来ましたね。この時間も1.38付近をレジスタンスにまだ下押ししています。1.38割れで再度ショートで入ろうかと思いましたが、東京→ロンドンとずっと売られていましたのでここは様子を見ました。

ユーロドル再開後は、比較的わかりやすい相場に恵まれ負けていないのですが、Lotも小さいので早く回数をこなしてこちらも明細出していけるように精度を上げて行きたいと思います。今のところ1ショット10Lotで最大20Lotがベストかとイメージしています。負けたときのほうが重要なので損切りになる局面を100回くらい練習して、リスクが管理できるようになればLotを上げて行けそうです。FTのトレードリズムは1.38割れあたりから急に重くなって固まりました。この辺かなり心配です。ポジション保有中の収支がわかるように口座は分けたいのですが、最終的にはサクサク動く外為オンラインで統一するかもしれません。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加