NEWS!
PICK UP!

S&Pアイルランド格付けAAに格下げ、英国政局不安でユーロやポンドなどが軟調。ドル円相場は雲の上限意識され材料不足で膠着続く。

USDJPY20090608N時間足チャート
9:00
おはようございます。8日の外国為替市場では東京時間は何もなし。ロンドン時間にはS&Pアイルランド格付けAAに格下げ、英国政局不安で欧州通貨が売られる展開となりました。欧州株安とNYダウ先物安も重しになりましたね。ドル円相場は終始材料不足の中、下は一目の雲上限が意識されて底堅い展開となりました。先週金曜日にドル円日足チャートでは、一目均衡表の雲上限を上抜けしてクローズし、昨日のニュースでもあらゆるところで話題になっていましたので、このような時だけ見ておけばよいかと思います。ドル円相場は米経済指標など全く材料のない中で、久しぶりに月曜らしい膠着相場となりました。金曜に大きく動きましたのでこんなものかと思います。

デイトレでは「もしかしたら」というところで何度かエントリーしましたが、下は98.20まで、上は98.72で止まってしまい完全に引き分けとなっています。現状は98.00も99.00も多少はストップロスがありそうだと考えておきます。本日も材料はありませんが、3日間98円台から出ないとは考えにくいので、昨日以上には構えておきます。先週の水曜にも、ドル円日足チャートは3角持合気味で大分煮つまっており、あと2日持ち合うだけのスペースがないから今週中に大きく動きそうと書いておきましたが、不思議と毎回そうなりますね。今回は98円割れからすぐ戻したり、99円乗せからすぐ落ちてきたりしないことを祈るのみです。どちらかに行ったらしばらく98円に戻らずにやってくれれば一番勝ちやすいですね。それでは本日も頑張りましょう!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加