NEWS!
PICK UP!

ECB金融政策トリシェ総裁会見がメインもBOE・BOCにも注目。ドル円相場は持ち合い形成煮つまる、今週中にも大相場か。

USDJPY20090604日足チャート
14:00
こんにちは。4日の外国為替市場では「トリシェ総裁会見」に注目が集まっています。ただし、想定外の何かがでるのも考えにくく一応BOE・BOCも金融政策が発表になりますのでこちらにも注目をしておきます。特にBOEは今回ノーマークになっていますのでどうでしょうか。明日は重要イベント米雇用統計が控えてはいますが、ドル円相場は持ち合いがかなり煮詰まってきています。日足チャートではあと2日分も「さらに煮つまるスペース」がありませんので今日・明日中に荒れるかもしれません。材料次第なのかもしれませんが構えておきたいと思います。

経験則上、アセンディングやディセンディングトライアングルは比較的ブレイクしたときの精度が高いと思っていますが、三角持ち合い(シンメトリカル)は、上に抜けたと見せかけて叩き落されたりすることも良くありますので騙されないようにしたいですね。いずれにしても週末まで「無風」の可能性は低いと考えておきます。何がでるかはわかりませんが「何かがでて荒れる」と考えておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加