NEWS!
PICK UP!

BRICS首脳会議「新国際準備通貨の可能性」にドル売り、米4月中古住宅販売保留+6.7%でまたサプライズもドル円上値重い。

9:00
おはようございます。2日ロンドン時間にはBRICS首脳会議「新国際準備通貨の可能性」にドル売り、米4月中古住宅販売保留が予想+0.5%のところ結果+6.7%とまたサプライズとなりました。ロンドン時間のドル売りはトレンドに発展し、昨日一番のエントリーチャンスになりました。実際のエントリーポイントは昨日の5分足チャートに赤い□枠で囲んでおきました。ここはショート順張りで+63,000円でした。他には東京時間に前日のスイングトレードの敗戦処理をしただけになりました。それでも月曜~火曜で+11万くらいかと思います。あまり注目をしていなかった米4月中古住宅販売保留ですが、またサプライズでドル円、クロス円は一時買いが強まりましたが時間足をみると96円台は上ひげになっており、上値は重そうです。

マーケット環境ですが「ドル円は行ったり来たり、クロス円と株価はじり高」という予想をだしていましたが、値動きだけ見るとそうなっていますが、値幅が想定以上に大きかったですね。昨日も「静かな相場」を予想していましたが、BRICS首脳会議でドル売り材料が出るとこれに反応して大きく動きました。直近の高値・安値である28日の97.24から21日の93.85をどちらにも抜けていないのですが、月曜の「お祭り上げ」などは新規ショート踏み上げのストップロスでどんどん上げた感じです。ドル円だけみると直近のレンジ内でやっていますが、ポンド円ですね。これが新規ショートのストップロスと、久しぶりの高値更新で以前からあるストップロスをどんどん巻き込みクロス円の上げを主導したかと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加