NEWS!
PICK UP!

ガイトナー米財務長官中国政府高官と会談、ドルを支える発言でるか。GM破産~米雇用統計まで材料ぎっしり6/1~5の外国為替市場。

USDJPY20090531日足チャート
11:00
こんにちは。明日6/1~5の外国為替市場は材料がぎっしりで東京時間でも目が離せない展開が予想されます。1日いきなり「GM破産か」という環境ですが、これは想定内。週初はガイトナー米財務長官が訪中していますので、この発言や思惑がドル相場を動かす材料になりそうです。当然「訪中」ですのでアジア時間にもいろいろ出そうです。毎月1週目にはもともと米重要指標が並んでいますので1日米5月ISM製造業景況指数~5日米5月雇用統計までよく確認したいところです。

GM問題で「米雇用関連」に向こう3ヶ月くらいは注目をしています。また、主要国の金融政策も発表されますのでRBA・BOE・ECBとその会見に注目、最近は金利をどうこうという余地が少ないですから、中銀総裁会見がまた材料になりそうですね。今週はとにかく材料が多いので日々の更新のなかでチャートを交えてトレードとエントリーポイントなど解説していきたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加