NEWS!
PICK UP!

5/25~5/29まで今週のドル円エントリーポイント解説、時間足・5分足チャート。ロンドン・NY休場から後半には投信絡みで大相場。

USDJPY20090528L5分足チャート USDJPY200905250529時間足チャート
17:35
こんばんは。今週5/25~5/29の時間足チャート解説をしておきます。個人的にはデイトレードでは「時間足チャート」が一番重要と考えております。5分足チャートは丁寧に戻りを売ったり、押し目を買ったり、シビアなロスカットをするために欠かせません。先ほどの記事でドル円日足チャートを解説しておりますが、日足はスイングトレードをされる場合には最重要なチャートだと考えています。このように「ポジション保有期間に対して見合ったチャートが最重要になります」、デイトレードでは時間足・5分足が揃って勝負パターンの時は確実性がアップします。それでは今週の時間足を振り返っておきます。チャート上の赤い□枠はショートで入るところ、青い□枠はロングで入るところです。

ダブルトップが2回とブレイクアウト3回になりますが、一番の勝負どころは96円上抜けロングの場面かと思います。ここは時間足・5分足ともに理想的なブレイクアウトでアセンディングトライアングルもしっかり、相当買い手が強くないとこの足型にはなりません。実践では96円で戻り売りをしてしまいましたが、96.05ではすべてロスカットをしています。ここは今週一番のロングエントリーポイントになりますので、逆にブレイクまでにショートを持っている場合には一旦ロスカット(買うということ)しましょう。この足型ならほとんどの場合、さらに上昇したあとに有利なレートで売りなおすことができます。

この場面意外はそれほどのチャートポイントではないですが、多少はストップロスが見込める場所になりますので、ドル円以外のクロス円やドルストレートの動きをみて、値動きの元になっている材料や時間帯も加味してエントリーか見送るかを判断していただきたいと思います。補足になりますが27日8時の時間足が「ダブルボトム完成ではないか」という疑問もあろうかと思いますが、ダブルトップは直前が上昇トレンドの時、「ダブルボトム」は直前が下降トレンドの時でないと「ポジションの偏りを利用する」というメカニズム的に意味合いが薄くなりますので、当然期待値(取れそうな想定値幅)も下がってきます。見送るか、普通にブレイクアウトとして考えてよいですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加