NEWS!
PICK UP!

GM支援策かドル円クロス円は上昇、日経平均も堅調に推移。ドル円相場はレンジというより3角持合いをイメージしておきます。

USDJPY20090527日足チャート
12:27
こんにちは。27日東京時間のドル円・クロス円相場は上昇しています。特にポンド円が強いですね。ドル円・クロス円相場はどのレベルでも揉み合う感じで難しい展開が続いていますが、直近の値動きと相場環境を整理しておきたいと思います。先週あたりからマーケット分析をしていて感じるのは、東京勢は円中心、欧州勢はユーロやポンド中心、NY勢はドル中心ということでそれぞれの参加者が「ばらばらの基準」で売り買いを繰り返しており難しさに拍車をかけているように思います。リスク許容度=株価の上げ下げに対する反応も時間帯によって違いが生じています。

「円売り+ドル売り」もしくは「円買い+ドル買い」という構図は変わっていませんが、アジア勢はリスク許容度に対してクロス円を中心に反応しやすく、NY勢はドルストレートを中心に反応しています。1日の主要3市場でこれほど統一感のない値動きもめずらしいですが、マーケット参加者全体が「よくわからない中で、目先の経済指標や株価に反応しながら売買している」という感じではないでしょうか。ドル円相場の今後の見通しですが、先週末からレンジ相場入りと予想をだしておきましたが、下をみるとすぐに93円台を狙ってくるとは考えにくく、下げても94円割れまで行かずに反転しそうです。

上は本日試しているところですが、19日の高値96.71を超えれずに少しづつ緩んできそうなイメージでみています。日足チャートにざっくりとイメージを書きましたが、3角持合いに近い展開になっていく確率が高そうです。新規で大きな材料がでれば別ですが、基本的には指標・イベントをこなしながら持ち合いと見ておきます。ブレイクアウトよりも転換点狙いが取りやすそうですね。ふらふらして方向感のない相場展開ですが、あえて言えばNY時間のユーロドルとポンドドルは現状では一番「秩序ある動き」になるかと思います。ただし、昨日独金融機関の懸念でユーロが調整したように、ドル円以外のクロス円やユーロドル、ポンドドルも難しい相場展開は続きそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加