NEWS!
PICK UP!

GM問題大詰め、米国債入札、米住宅関連指標など今週のドル円・クロス円相場予想。日足チャート下落継続も底堅さも揉み合いか。

USDJPY20090525日足チャート
8:53
おはようございます。25日の外国為替市場ではロンドン休場(レイトメイバンクホリデー)米国休場(メモリアルデー)のためルールどおりトレードはお休みします。火曜~金曜の相場に向けてマーケット分析だけはしておこうかと思います。欧米3連休明けは意外とイベントが多く、GM問題、米国債の入札、米経済指標と日々材料と思惑が交錯しそうです。月末ということもあり、多少は投信設定の影響も受けそうということでクロス円はそれほど下げては行かず揉み合いを予想。ドル円は「ドル相場」のゆくえ次第となりそうですね。ドル円相場は先週末の93円台後半の値動きをみると「かなり底堅そう」にみえます。どんどん上昇(ドル買い)も考えにくく、環境だけ考えると「揉み合い濃厚」かと思います。一応最近の傾向からは欧米3連休明けには相場が動いていますので「仕掛け的なドル売り」に注意を払っておきます。

ドル円相場は、ドル売りにつられて93円台半ばのストップロスを巻き込んだ場合には、92円後半や92円台なので買ったポジションはさらに急落するような場面があってもホールドして良さそうです。もちろん責任はとれませんが、この下はショートカバーも強まりますので「下げたまま戻ってこない」という展開は可能性が低いと思います。99円台から95円台あたりまでの下落局面では「下落トレンドなので安易に押し目買いしないように」と警告をしてきましたが、この下は下げる局面では売って、ショートカバーも積極的に狙っていこうと思います。特にドル売りにならなかった場合には上値も重く揉み合いに入ると予想しておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加