NEWS!
PICK UP!

22日NYダウまた小幅安+ドル安、ドル円相場は93円台では買い手も。ロンドンNY3連休前ショートカバーも95円までは戻れず。

USDJPY20090522N時間足チャート
8:28
おはようございます。22日のNY時間は 8,277.32 -14.81 -0.18% と小幅安でクローズしていますが、NY午前中にはプラス圏へ上昇する場面がありドル円・クロス円はショートカバーが優勢になる場面もありました。値動きを見る限りマーケットの短期ポジションは少しショートになっていたようですね。94.35レベルから少しストップをつけ、当日高値を更新する94.50抜けではさらにストップロスを巻き込み94.92まで上昇しました。デイトレでは最後にポジションを取っていたショートカバー局面の94.35ロングが一旦上昇してからストップを買い値に切り上げた途端に刺さって→上昇となり残念でしたが、金曜のNYは無理しないでトレードを終えました+60,000円でした。

1週間分の時間足チャートからは赤いラインでおおざっぱに値動きを引いておきましたが、月曜には99.53から94.55への下落局面から最初の買い戻しで96.71まで、その後は93.85まで下落、金曜には93円台を4回トライし最後はややダブルボトムに近い足型となってショートカバーになりました。今週はとにかく本邦勢がドル円・ユーロ円を毎日売っていた印象があります。日本の生保など機関投資家の売りとのことですが、ほぼ毎朝売られていました。欧州時間は意外にその買い戻しが多く、NYでは再度夜中に下げというパターンがほとんどでした。NY夜中は薄商いで仕掛けやすかったり、本邦財務省が出てこないという事情もありそうです。

薄商いで仕掛けざるを得ないあたりは短期筋も力がなくなったのではと考えてしまいます。22日のデイトレではNY時間の買い戻し局面が1番良いエントリーチャンスだったと思います。94.20-30を上抜けてロング→一旦94.50が近づいたら利益確定し、94.50抜けで再度ロング→94.70程度で利益確定という感じで良かったのではないでしょうか。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加