NEWS!
PICK UP!

英第1四半期GDP・改定値は市場予想どおりで波乱なし、25日ロンドン・NY3連休控えて新規ポジション取りずらいか+45,000円。

USDJPY20090522L日足チャート
18:05
こんばんは。22日の外国為替市場ドル円相場は、東京時間朝方に与謝野財務大臣が「為替介入することは現時点ではまったく考えの外だ」と発言したことから売り込まれ93.86まで下落をしましたが、93円台では買ってくる参加者も出始めているようでやはりミミズ相場になっています。株価も小動きですね。25日は英レイト・メイ・バンク・ホリデー、米メモリアル・デーでロンドン市場、NY市場が休場になります。本日は3連休前ということになりますので新規のポジションは取りずらいハズですが、売り手は「日足を陽線で終わらせたくない」という雰囲気もありどうでしょうか。ショートカバーやドル売りの逆流が少しあっても不思議ではありませんので注意。

ドル円相場は下値では93.55がかなり意識されているようで、マーケット参加者には「このレベルは簡単に下抜けしない」と考えているものもいるようで、93円台では買い手もいるようです。おそらくこの下は急落する材料が出ても戻ってくる相場展開になると予想しています。来週はGMが期限になりますので材料になりそうですね。GMが破綻すること自体は織り込んでいますが、クライスラーの件であれだけ雇用が悪化したのを見ると7月あたりへ向けた米雇用への影響がかなり心配ですね。デイトレは+45,000円でした。NYは動きがあった場合のみ参戦します。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加