NEWS!
PICK UP!

現在のマーケット環境から予測する今後のドル円相場。売っている側でも90円割れ考えている参加者少ない90円台でこう着が濃厚。

USDJPY20090521L日足チャート
19:00
こんばんは。21日欧州時間にはS&Pが英国債の見通しをネガティブに変更となり、ユーロドル・ポンドドルでのドル売りが溜まっているところにカウンターとなりました。ドル円相場は発表直後はポンド円の下落に連れ下落→その後ポンドドル、ユーロドルでのドル買いに連れ買い戻されるなど、どちらについていけば良いか分からない動きとなりました。99円台ミドルから94円台前半まで下落が進んだドル円相場ですが、今後の展開に関してよく分析をしたところ答えがでましたので書いておきます。日足チャートの足型だけをみると、直近のドル円相場は1月の下落局面によく似ています。

1月の局面では21日にドルプットオプションの行使期限という材料で急落し、87.10でダブルボトム→長い下ひげを残し反転となりました。オレンジ枠だけが似ている状態で、このときのように上昇トレンドに変わることはないと考えています。ただし、特別な材料がでないと、どんどん下落もないと思います。1月はまだ市場参加者が「底割れの恐怖」に怯えている環境でしたので急落につながったと思います。98-99円レベルで売り持ちになっている参加者は、何かが起きてドル円が下に突っ込めば「喜んで利益確定」してくると思います。もともと90円割れまでは予想していないハズなので90円が近づけば近づくほど買い戻しが入りやすくなるはずです。

強引に売ってくるとすればチャートしか見ないモデル系ファンドやトレンドフォロワーがお祭り売りということはまったくない話ではありませんが、基本的には90円台でずっと揉み合います。100円超えは迷わず売りになりますし、90円割れは迷わず買いが正解になりそうです。90円台や99円台もしばらく見れないのではないかと予想しています。私たちトレーダーが自分で相場環境を変えることはできませんので、相場環境に合わせたトレードをするしかなさそうです。従ってホームランをあまり狙わずに10~20pipsの利益を積み上げて行くのが今年は良さそうです。

「ドル売りで良さそうだ」と欧州通貨のロングを積み上げた参加者も「まだまだ怖い」と思ったはずです。ドルが若干弱さがクローズアップしているものの、ドル・円・ユーロ(欧州通貨)の優劣がない今年は行ったり来たりを繰り返しそうですね。多少逆張りでも転換点をうまく狙うのも今年限定で有効かもしれません。08年の暴落相場では勝ちまくりだった順張りトレーダーは今年は苦戦必至です。株式市場も同様に揉み合いが続くとみています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加