NEWS!
PICK UP!

米4月住宅着工件数45.8万件、米4月建設許可件数49.4万件で過去最低。独5月ZEW景況感調査31.1と大幅改善へ+21,000円。

USDJPY20090519N時間足チャート
10:22
こんにちは。19日のデイトレは売りで参加しました。東京時間・欧州時間前半は円売りが優勢でしたが、96.70付近では日足ヘッドアンドショルダーのネックラインが伸びているレベルで売り手としては突破されたくないレベル。ただし、市場に出てくる材料はすべて円売り材料で株高となり売りで抑え込むのが大変な1日でした。トレードでは東京時間から少しづつショートポジションを取り、最後に96.65ショート30Lotが残りましたが耐えきれずに決済したとたんに急落となりました。月曜と似たような失態です。昨日はテクニカル的には絶対に売りで抑え込みたいが出てくる材料はすべて円売り材料ということで多分良い数字が出そうな独5月ZEW景況感調査が発表になる直前に96.55でクローズ、18時に発表されるとサプライズ的な改善で96.55まで5銭程度しか跳ねずに急落となりました。96.55で拾いなおそうとしましたがあっという間に急落していきました。東京時間から売りで入って、あと20分ホールドできれば20万以上勝ててただけに残念です。

本当に悔しいところですが欧州時間午前に売りで参加するのは厳しかったですね、よく売りが勝ったと思います。東京株は大幅上昇でクローズ、欧州株、ダウ先物も上げ幅をどんどん拡大していく展開で円売りの圧力も強かったですね。結果的にはテクニカルで売りVS材料で買いとなっており、難しい相場だったのかもしれません。値幅も96.71→95.91で80銭しかなかったので時間足転換狙いで売りをホールドしない限りは大きく取れない相場だったと思います。麻雀で良く言われた話ですが、超一流の打ち手が4人集まると、洗面器に顔をつけ先にギブアップしたものが負けるといわれますが、デイトレもまさにそのような感じです。我慢しきるか割り切るかというゲームかと思います。あとは転換点を狙うのはある意味それまでのトレンドと逆に張るわけですから、無理に天井や底値を狙わずに転換確認してから丁寧に戻りを売っていけば良いですね。

10:47
※本日の狙い目はニュースや材料などを確認して後ほどアップします。しかし東京時間よく下げますね、95.70を割れています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加